プールだけにして
by yonoki2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


カテゴリ:eating & drinking( 46 )

地物

現在のロゴ画像に起用されている奇妙な色の飲み物ですが、
e0061774_134518.jpg

網走ビールで生産されている『流氷ドラフト』です。
北海道旅行の際、札幌駅構内のローソンで購入したのです。
味は詳しく覚えておりませんが(!?)苦みの少ない飲みやすいタイプだったかと。
とにかく色のインパクトが凄かったです!
*ホテルで飲んだのでまともなグラスが無く・・・

この他、『ハマナスドラフト』なる赤い飲み物もあるようです。

詳しくは、「網走ビール」ホームページで。


この他、つい最近店頭で見かけた怪しい飲み物がこちら、
e0061774_183180.jpg

e0061774_185348.jpg

『インドの青鬼』です!!
苦くて苦くて飲み干すのに苦労しました。
おまけにAlc.7%でクラクラでした。

これは軽井沢のヤッホー・ブルーイングなるところで作られているとのこと。

他に、よなよなエール東京ブラックなるビールも。
詳しくは、「ヤッホー・ブルーイング」のホームページで。
[PR]
by yonoki2005 | 2008-10-01 01:19 | eating & drinking

大根と塩辛の炊き込み

【材料】
大根:適宜
塩辛:適宜
彩り:貝割れ大根、万能ネギetc.

【作り方】
①細めの拍子木切りにした大根と塩辛を鍋に入れる
②ふたをして火をかける
e0061774_131410.jpg

③20-30分で完成
e0061774_133434.jpg

④適宜彩りを添えて完成
e0061774_135162.jpg


白米、日本酒いずれにも必ず合います。
間違いありません。
[PR]
by yonoki2005 | 2008-02-07 01:04 | eating & drinking

鰯じゃないのよ

e0061774_22403750.jpg

これを見たら、誰もが迷いなく『オイルサーディーン』だと思いますよね?
現に月桂樹の葉も入ってますし。

でも、違うんです。
e0061774_2242624.jpg

『子持ちししゃも』なんです!
一缶500円もするのですが、大満足の一缶です。
[PR]
by yonoki2005 | 2007-11-12 22:43 | eating & drinking

夏のトマトサラダ

とにかくお勧めです! 『夏のトマトサラダ』

<材料>
・(できれば多少値の張る)甘みのある旬のトマト
・みょうが
・ナンプラー
・エクストラバージンオリーブオイル
・黒こしょう
・何かしら柑橘類(かぼすなどお勧め)

<作り方>
1、トマトを適当にカット!
2、小口切りのみょうがをどっと散らす
3、ナンプラー、オリーブオイルをふりかける(十分混ぜてからの方がbetter)
4、黒こしょうをぱっぱっと
5、柑橘類を結構大胆に絞る

e0061774_115222.jpg


正直、自分は手をつけると止まらなくなります。
今までにない不思議な風味ですが、決して悪くはありません。
夏が終わらないうちに一度お試しを!
[PR]
by yonoki2005 | 2007-08-23 01:16 | eating & drinking

夢中

今の季節に盛んになるのかどうかは不明でしたが、最近雑誌で目にする『ぬか漬け』。野菜も豊富で、季節がら乳酸菌も盛んに活動するらしく、夏が本番のようです。

雑誌で見ているだけでは寂しくて、「やってみたいなぁ〜」と思いをはせておりました・・・・でも、台所も狭いし、ぬか床を管理する自信も無いし・・・・・
そう思っていたら、こんな商品が!!!
e0061774_0354026.jpg

よくもまあ、こんな商品を見つけてくれるものです。うちの妻は。
e0061774_0365521.jpg

中には、すでにある程度成長したぬか味噌が!!
e0061774_0374675.jpg

もとの容器(パック)にぬか味噌を入れれば、たちまちそこは『ぬか床』に!!!
e0061774_0392138.jpg

とりあえず、きゅうりにんじんで処女漬けを。
楽しみな夏がやってきそうな気配です。
[PR]
by yonoki2005 | 2007-06-28 00:40 | eating & drinking

つゆ焼きそば

「横手焼きそば」ほど有名ではありませんが、当県にも御当地焼きそばとして『黒石焼きそば』なるものがあります。これ自体を知ったのが数年前なのに、更に『つゆ焼きそば』なるバージョンもあるとのこと。試さねば・・・・と言う事で本日の昼食はこれ。
e0061774_2156567.jpg

市内のスーパーで600円弱(二人前)で購入しました。

中身は、
e0061774_2158772.jpg

そば、ソース、野菜(キャベツとタマネギが真空パックで)は当然として、更に、そばつゆ、天ぷらが。めんが太くて平打ちなのが特徴です。

調理法は、
e0061774_21593630.jpg

普通にソース焼きそばを作っている横で、そばつゆを温めるだけ。

e0061774_2202348.jpg

熱々のつゆをかけて天ぷらをトッピングすれば完成!

非常に珍しい食べ物のようですが、天ぷらがソースとつゆをうまく融合させてくれます。普通の味覚閾値の方々でしたらまずまずイケると思います。
個々に材料を購入すれば全国どこでも調理可能ですので、どうかお試しを!?
紅生姜のトッピングも忘れずに!!
[PR]
by yonoki2005 | 2007-06-17 22:03 | eating & drinking

見た目と中身!?

しばしば食べ物(それも自作)の画像が並ぶのんのんき日記ですが、ブログに載せる場合、やはり「見た目」が重視される傾向にあります。見た目とは、料理そのものも大事ですが、盛りつけ、そして何よりデジカメでの『写り』が重要です。
では、一体、は??

載せるものは、いずれもそれなりの合格点ですが、(見た目が)華やかでない料理に、実は、隠れた高得点があるのも現実です。

例えば、今週末を例に。

まず、アンティパストの「カツオ」です。
e0061774_2132665.jpg

お刺身用のカツオを皿に並べたら、熱々のごま油をかけ回します。カツオの表面に軽く熱が通り、マイルドなたたき風に。上から、酢醤油をかけた後冷蔵庫でキンキンに冷やし、たっぷり旬の薬味(新・ショウガ+みょうが+大葉)をのせて完成! 

次は、メインの「パスタ」です。
e0061774_2184190.jpg

これは、簡単に説明しますと、梅風味冷製パスタです。
オリブ油とダシに梅干しを加え、茹でて冷やした細めのパスタに絡めます。白ごまをふりかけ、たっぷりの海苔と大葉をのせて完成!

いずれも、そこそこの味でした。

でも、見た目以上に満点の評価を得たのは・・・・
夜の部でのおつまみ。
e0061774_21122361.jpg

『らっきょうのホイル包み焼き』です!
味噌+マヨネーズ+一味をらっきょうにまんべんなく絡め、”ほっくり”するまで加熱すると・・・・イヤなからみは甘みへと。
まさに、one of "the king of TSUMAMI"です!!見た目はシンプルでも、これが最もヒットしました。
[PR]
by yonoki2005 | 2007-05-28 21:15 | eating & drinking

あるじゃないですか

今まで、30年で一度も野菜コーナーで生の状態の「らっきょう」を見かけた事はありませんでした。見えてなかっただけなのでしょうか?

kasumix様の記事で「らっきょう」を調理していたのを思い出し、すかさず購入。早速、から炒りして食べてみました。
e0061774_23561621.jpg

炒りが甘いと「辛み」が残りますが、十分炒りますと「甘み」抜群です。
記事の通り、マヨネーズで頂きましたが、今後、ソースの開拓が楽しみです。

更に人生初!「らっきょう漬け」に挑戦。
薄皮剥いて、切りそろえ・・・・
e0061774_23582223.jpg

意外と多くて大変です。

市販のものは「甘過ぎ」なので、個性を出して『梅風味THE甘くないらっきょう』を漬ける方針に。
e0061774_23595045.jpg

二週間後が楽しみです。酒のチョイスもしておかないと♪
[PR]
by yonoki2005 | 2007-05-22 00:00 | eating & drinking

久々

仕事がやたらと早く終わって、妙〜なテンションになってしまい、平日にもかかわらず、妻・息子を引き連れ近所の居酒屋へ。
居酒屋と言っても煙まみれオヤジまみれな店ではございません。
騒がしい息子対策にしっかりと個室を確保しました。

行ったのは、『川丁』というお店。
弘前で唯一、KIRINの『満点生の店』を取得しているそうで、もちろん迷うことなく『生ビール』を!
e0061774_22153563.jpg


お品書きは、和風をこよなく愛す我々にぴったりのラインナップ!

まずは、「ホヤときゅうり」「ホタルイカ沖漬け」、そして、「生ウニののった冷奴」
e0061774_22183315.jpg

ウニと冷奴の組み合わせは文句無いとして、特筆すべきはホヤの厚みです!

その他、「ウドとつぶ貝の水物」「甘エビのカルパッチョ」「カンパチカマの塩焼き」「そら豆と海老のかき揚げ」と続け、気付けば、新弟子並みのお腹に・・・・
e0061774_22221440.jpg


そのまま帰るにはまだ早かったので、弘前公園を散歩。
4月21日から『弘前桜祭り』が開幕したのですが、実はまだつぼみです・・・・
緯度の異なる方々には信じられないでしょうが、これだけ日本は南北に長いのですね。驚きです。横浜ではすっかり八重桜が見頃でしたので。
e0061774_2224265.jpg

[PR]
by yonoki2005 | 2007-04-24 22:24 | eating & drinking

とうとう

やりました! 達成しました!! 
『自家製しめ鯖』

たまたま寄った、地場野菜市で何故か出張鮮魚コーナーが!
ポップには、「しめさばでもどうぞ」とあるではないですか!!
これは、鮮度抜群の合図です。

まずは、三枚におろし、
身にたっぷり塩をふり30分、
その後塩を洗い流し、酢に漬け込みます。
だいたい15分位でもう食べられます。
e0061774_013146.jpg


何故に、ここまで切望していたかと言いますと、市販のものはすっかり中までシメられており身が真っ白・・・・
どうにか、「刺身っぽさ」の残ったしめさばを食べてみたかったのであります。

完成した自家製はだいぶ満足のいくものでした。

あわせたのは、エビスの緑色
e0061774_016859.jpg

[PR]
by yonoki2005 | 2007-04-09 00:17 | eating & drinking