プールだけにして
by yonoki2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


サライ

人間誰でも憧れのひとつやふたつをお持ちだと思います。
「サライ」 そう! 24時間テレビの最後を締めくくるおなじみの名曲であります。 それにちょっぴり憧れておりました。 
歌う事であれば、カラオケで達成できますが、それが憧れではありません。
「サライ」の流れる舞台で感動のフィナーレを演出したい。そしてその場の中心に立っていたい! それが憧れです。

実は先日幸運にも達成していましました☆

場所は『忘年会』であります。
複数の部署合同で総勢60-70名。昨年は私が幹事でした。

今年は私の同期Tが幹事。
本番二日前の木曜日に「余興の司会」のオファーが!
遅いよ! あと二日で何を準備すればいいんだ!! Tよ!!!

うーん、役作りをするには時間が無い・・・
そもそも、単純に「司会業」をこなすだけでは自分のプライドが許さない。

考えたあげく・・・・

まず、司会自体を「覆面レスラー」で遂行(弟よりレンタル)。そして、エンディングを独自に演出することに。

勿論、その演出は私とT以外には内緒。

内容は、

司会の私が余興を盛り上げ、最後に幹事一人一人を壇上に紹介(幹事は総勢7人)。
しかし、最高幹事であるTの姿がどこにもない。
さっきまであれこれ準備をしていたのに・・・・

会場:「Tはいったいどこへ?」

〜この時間帯には既に低い音量ながら「サライ」が流れている〜

私:「あっ、Tが今到着した模様です!」

会場:「何事だ!?」

T:よろよろになりながら、入り口より登場

そう! 彼は長い長い「幹事と言う名のマラソン」のゴールに向かい必死に走っているのである!
そのTシャツの胸には『ボス』のでかい顔が!(前日に私が作成した特別ユニフォーム)

私:「T、もう少しだ!頑張れ!!」

「サライ」更に音量アップ〜

T:何とか壇上にゴール

私とT:肩を組んで両手を突き上げる

会場:8割は大爆笑、1割は感動の涙(!?)、1割はキョトン・・・

中締め担当の紹介に移り、
私はおもむろにYシャツのボタンを上からひとつづつ外し始める。

すべてのボタンがはずれ、私のYシャツの下のTシャツの胸には・・・
中締め担当『副ボス』の顔が現れた!!

会場:9割5分が大爆笑

2日で準備したわりにできが良くて大満足でした。
「さくら吹雪」は準備できませんでしたが・・・・・・

*職場の忘年会という「公」で二人の(と言うか正確には私だけ)自己満足だけの行為・・・でも、まあいっか。
[PR]
by yonoki2005 | 2006-12-11 17:12 | myself
<< 関西へ 〜その①〜 災難 >>